どうせ死ぬなら、コウカイを。

ベストセラー作家×作家になれなかった青年、創作とは何か?小説とは何か?もう一度、再起を図る物語。

[enter]

TEMPLATE:Ateh's theme

×

あらすじ

幼少期から社会人まで、延々と小説が好きで書き続けた主人公・村木肇。
小説が「好き」になれなくなり、仕事もうまくいかなくなった矢先、同窓会に参加することになる。
卒業して以来の再会だったが、友人は皆それぞれうまくいっている様子で、居心地が悪くなってしまう。
そんな中遅れてやってきたのは、学生時代にともに小説を書いていて、今やベストセラー作家となった中島歩だった。
同窓会終わりに、中島は村木の現在を質問し、そして失望する。

「何でだよ、アンタならきっと面白い物語を作り続けていたはずなのにさ」
「いや、おれは……。もう、おれは、小説を書かないよ」
「書けよ、書いてくれよ。ぼくはアンタの作品が好きなんだよ」

こうして、村木は再び筆を執る。
それは中島との約束か、中島に感化されたか、それとも偶然か——分からない。
これは、筆を折った元・作家志望者が再び筆を執り、物語を描く——ただそれだけの物語。

更新履歴

2024/02/10 1,2話公開

目次

第一章

01-02-03-04-05